キャットフードをあげるメリット

猫を飼った経験がある方は既にご存じかもしれませんが、キャットフードの安全性が見直されつつあります。猫にキャットフードをあげるメリットとはいったい何でしょうか。猫にキャットフードをあげたが見向きもしないという経験を持っている話は猫好きの間では非常に多く交わされる話題です。キャットフードのメリットとしては、猫がバランスの良い食生活を送ることが出来る点となります。猫の為に、人間が食べられる様な安心で安全な原材料、管理が徹底されている製法などに配慮している自然派のキャットフードが増えているのです。魚や肉、粉砕された骨、植物など自然の中から補助的栄養素を与えている点が特徴的です。猫は本来、さまざまな細菌に対する抵抗力が比較的高いと言われています。猫が持っている抵抗力を維持する為にも適切なキャットフードの存在が欠かせません。ドライタイプ、ウェットタイプ、半生タイプがあります。ドライタイプは、水分含有量が比較的少なくカリカリとした感触です。炭水化物やタンパク質、脂肪などの栄養素がバランス良く含まれているため経済的です。猫に与えるときには充分な量の水を一緒にあげることがポイントです。ウェットタイプは素材の味をそのまま味わうことができる為、猫に人気が高い傾向にあります。開封したら早めにあげることが良いでしょう。半生タイプは風味がありしっとりとしている点が特徴的です。柔らかい感触である為、高齢の猫や子猫に適しています。潤滑調整剤が使用されている場合があります。製造方法によってセミドライやセミモイストなどがあります。


猫を飼うことによって猫のハンター性を知ることが出来ます。猫は基本的に肉食動物である為、野生の猫は小鳥やネズミなどを丸ごと捕食することによって栄養素を吸収していました。猫が小動物を捕まえて内臓や軟骨、肉などを食べる姿を見ることは、猫を飼っているのであれば決して珍しい光景ではありません。猫が栄養を充分に摂取するためには、猫がバランス良く栄養素を取り入れることが出来る食生活を送ることが猫を飼っている人の責任でもあります。猫は、タンパク質や脂肪、炭水化物、ミネラルやビタミンなどを主に必要としています。タンパク質は被毛や皮膚、内臓、筋肉、血液など基本的な栄養素となります。脂肪はエネルギー源となります。炭水化物は栄養バランスを偏らせない為に必要です。ミネラルは神経や筋肉の活発性に微量が必要となります。特にバランスの良い摂取が必要となる栄養素です。ビタミンは身体の機能をスムーズにする働きがあります。バランスよく栄養素を取り入れることによって、病気の予防や改善に繋げることができる可能性があります。猫は基本的に水分を必要としない傾向にありますが、水分の摂取量が減少することによって、身体の中に石ができる可能性が考えられます(結石)。常に新鮮な水を飲むことが出来る状態でいることをオススメします。猫は基本的に賢いため、猫の食べ物と人間の食べ物を幼少時から区別することによって、食べ物の違いを理解する様になります。猫を飼うのであれば猫の健康を考えて、食生活に配慮した上で猫との生活を楽しむことが望ましいでしょう。